コラム

バルクアップ肉体改造日記④〜ベンチプレス100キロへの道〜

こんにちは、トミショーです。

先日から始めたウエイトトレーニングによる肉体改造。

3ヶ月間のトレーニングでベンチプレス100キロを達成できるかの挑戦です。

日記を書き出してから最初の方はトレーニングも順調でしたが、

少し期間が経つと、どうしても熱量が下がってトレーニングの期間が空いてしまいました。

前回のトレーニングから日にちが空くこと早11日。

すっかり筋肉痛は解決しているので、久しぶりのトレーニングを行いました。

部位は胸と肩、そして背中。

メニューは、ベンチプレス、インクラインダンベルベンチ、ダンベルショルダープレス、

ベントオーバーロー、ワンハンドダンベルローの5種目のみでサクッと終了。

なかなか筋トレする時間がないので、ジムについてから30分弱で終了。

忙しい事を言い訳にせず短時間でも続けることが大切。

忙しいのは皆同じですからね。

トレーニング日記をつけると決めたのでこの期間だけでもダレることなく続けます。

時間をかけることができない分、短時間でも効かせれるように割と高重量で行います。

ベンチプレスは80キロで5×5セット。

ワンハンドローは34キロのダンベルで12×4セット。

しっかり鍛えた後は、プロテインを摂取して筋肥大に努めます。

トレ中に飲んだEAAとプロテインのせいで今日は頻尿確実です。

せっかくのジムなのでジムでしかできないことをやろう!と考えたものの、

やっぱり結局いつもと同じベンチ中心のトレーニングに落ち着いちゃいました。

ただ、自宅用のベンチと比べると、やっぱりジムのベンチの方が圧倒的にやりやすいので、

自己ベストに取り組む際はジムで行うのがベストですね。

今後も高重量でトレーニングする際はジムで、重量にこだわらない際は自宅で、

といった感じでメニューに合わせてトレーニング場所を選びたいと思います。

てなわけで、全く中身のない第4回目の筋トレ日記はこれで終了。

バルクアップ肉体改造日記と言ってはいるものの、

20代後半になって、かなり食が細くなってきたのでご飯を食べるのがかなりキツイ。

果たして本当にこんな調子でバルクアップができるのか疑問ですが、

チャレンジ期間の間は精一杯トレーニングを頑張りたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
トミショー
ブラジリアン柔術が生きがいです。 柔術家に関する役立つ情報や、柔術に関する面白い記事を書けるように努力していますので、是非サイト内を色々と回ってみてください。