ブラジリアン柔術

柔術歴5年目の紫帯が今まで買った柔術着を振り返ってみた〜オススメの柔術着はコレだ!

トミショー
トミショー
こんにちは、柔術ブログ『BJJMONSTER』管理人のトミショーです!
 

いきなりですが、あなたはどこのブランドの柔術着を着ていますか??

ブルテリア、Shoyouroll、VHTS、Hyperflyなどなど

どこのメーカーの道着を着ているかどうかで、何となくその人の柔術にかける熱や、熟練度をはかることができるような気がするのは私だけでしょうか?

最新モデルを着るもよし

憧れの選手と同じモデルを着るもよし

練習でガンガン使うので耐久性の高いものを使うもよし

もちろん、とにかく安いものでもよし

この記事では、私が今までに購入してきた道着のレビューと、

色々試してきた結果オススメできる最高の柔術着を紹介したいと思います!

トミショー
トミショー
道着もこだわれば、柔術がより楽しくなること間違いなし!

管理人の柔術着選びの歴史

今年で柔術歴5年目になる紫帯の私ですが、これまでに合計で9着の柔術着を購入してきました。

白帯の頃は柔術着に対して興味もなく、着れればなんでもいいと考えていましたが、

青帯になった頃には、あれよあれよと買い漁るようになってしまい、、

まだ青帯なのに、、、ましてや毎日練習するわけでもないのに、、、、

気づいたら9着も購入していました。←

現在はそこからさらにもう1着買い足して、合計で10着購入したことになったのですが、さすがに10着もあると、ボロボロになってしまったり、ほとんど着ていない道着もあり、メリカリで売ったり処分したりして4着に落ち着きました。

この記事では、そんな私が今まで実際に購入してきた道着について、購入した理由や着心地、動きやすさについて簡単にまとめてみました。

道着選びで悩んでいる方や、道着を買い換えようと考えている方の役に立てば幸いです!

この記事を読めば

柔術着の選び方がわかる!

各柔術着ブランドのサイズ感がわかる!

オススメの柔術着がわかる!

まずは道着の選び方!

何といってもサイズが命〜試着は絶対忘れずに!〜

道着選びで、最も重要なのがサイズ選びです。

最近では、海外製のおしゃれな道着が流行っていることもあり、ネットで道着を購入するのが一般的になってきていますが、ネットで買った場合は、試着をすることができないので、

ジャケットの丈が長すぎたり

パンツの丈が短かったり

袖口が狭すぎたり

身幅が細すぎたり

といったようなサイズのイメージ違いの問題が起こりやすいです。

メーカーもサイズを細かく表記してくれていますが、同じメーカーでもモデルによって微妙にサイズが違ったり、同じサイズの道着でも、メーカーが違えば全然大きさが違ったりと、柔術の道着はサイズ選びがとても難しいです。

購入して最初の方はサイズが大丈夫でも、何回か洗濯すると半端なく縮む道着もあります。

ブルテリアの道着を購入して数回洗濯したら、袖がめちゃくちゃ短くなりました。

練習で使う分には多少袖丈や着丈が短くても大丈夫ですが、試合には柔術着に関するレギュレーションがあるので、試合に出場することも考えている人はサイズ選びには特に慎重になりましょう。

最近流行りの細身の柔術着や短めのパンツはカッコいいですが、やり過ぎると、

いざ試合に出よう!と思った際に柔術着がレギュレーションに引っかかって出れない!

なんてことになりかねないのでサイズ選びは気をつけたいポイントです。

柔術着のレギュレーションに関しては、以下の記事でまとめていますので、自分の道着が試合に出れるのかどうか不安だったり、試合に出る用に道着を購入しようかと考えている人は是非こちらの記事をお読み下さい。

店舗に行って試着して購入するのが一番であることは間違いありませんが、ネットでしか購入できない道着があるのも確かなので、そういった場合は、道場で同じメーカーの道着を着ている人に一度試着させてもらいましょう!

新しい道着の購入でサイズで悩んでいると伝えれば、色々と教えてくれるはずです!

トミショー
トミショー
柔術着が好きな人はみんな良い人なので、お節介なくらい色々教えてくれる人も多いはず。

実際に何回も洗濯した後のサイズ感がわかるのでオススメです。

素材も確認!耐久性が変わってくる

道着の素材も必ずチェックするようにしましょう!

道着の素材チェックは意外と重要。

素材によって

乾きやすさも違ってくる

重さも変わってくる

掴みやすさ(掴まれやすさ)も変わってくる

といったように、様々な点で違いで出てきます。

試合に出る人は、計量があるのでなるべく軽い方がいい

毎日練習する人は頻繁に洗濯するので、乾きやすい素材の方がいい

相手にグリップを作られたくない人は、柔道着のような分厚い素材の方がいい。

などなど、自分のニーズに合わせた素材を選ぶようにしましょう!

試合に出る場合は、デザインにも注意しよう!

また、道着に貼っているパッチの位置によっては試合に出れないものもあります!

例えばこのスクランブルの道着。

この道着はパッチが帯の部分に重なってしまうので、JBJJFの試合には出れません。

(JBJJF以外の団体の大会なら特に問題なく出れました。)

後ろ襟の部分にステッチが入っていてもレギュレーションに引っかかるので、

気になった道着があれば、パッチや刺繍の位置は詳しくチェックする必要があります。

試合に出ない人なら問題ありませんが、

今後試合に出る予定がある!

ゆくゆくは試合にも出てみたい!
 

といった人は道着のデザインもしっかり確認するようにしましょう!

10着もの柔術着。それぞれの購入理由は?

ここからは、私が今までに購入してきた道着の簡単なレビューです!

購入した道着のブランドは以下の通りです。

時系列順に挙げていくと、

ALMA→KINGZ→スクランブル→Shoyouroll→MOYA→VHTS→AOJ→KINGZ→ブルテリア→VANGUARD

といった並びになります。

それぞれの購入した理由は、

ALMA 人生初の道着。右も左もわからないまま取り敢えず道場で買う。

KINGZ 人生初の自分で選んだ道着。黒色に憧れてセールで買う。

スクランブル 道着選びに慣れてきた頃。軽くて動きやすいものを選択。

Shoyoroll 憧れの道着。青帯昇格記念に自分へのプレゼント。

MOYA 派手な色に憧れて。買いすぎて感覚が麻痺していたかも。

VHTS おしゃれなデザインにスタイリッシュなサイズ感が決め手となり購入。

AOJ 柔術界のレジェンド、メンデスブラザーズに憧れて。

KINGZ 練習頻度が増え、耐久性のある安い道着が欲しかったから。

ブルテリア 柔術を始めた頃からの憧れの道着だったから。

VANGUARD なんとなく一目惚れしたから。

といったところでしょうか。

ブルテリアの道着は最近購入したこともあって、別記事で詳しくレビューも書いていますので是非そちらもお読みください。

こうやって振り返ってみると、所々ツッコミどころがありますが、何となく途中から柔術着に興味を持ち始めて、どっぷりと魅力に浸かってしまったのが見てわかりますね(笑)

それでは、一つずつ詳しく見ていきたいと思います!

ALMA

最初に購入したのはALMAの道着でした。

乾燥機にかけすぎて今ではボロボロになっています。汗

入門用として有名な道着で、10000円ほどで購入。

道場に入門してから半年ほどは週に1〜2回程度の練習頻度でしたので、この道着を毎回練習の際に着ていました。

 

この頃は1着しか道着を持っていなかったので、2日連続で練習に行く時には、毎回乾燥機にかけていて、購入当初と比べるとパンツの丈は10センチ近く縮みました。

今思い返せば、最初から練習用として安いものを2着買っておくべきでしたね。(汗)

ほぼ毎回乾燥機にかけていたので、毎回お金はかかるし、一々コインランドリーに行かないといけなかったりと道着が1着のみだとなかなか不便です。

経済的ではなかったので、柔術を始めてから半年くらいが経過した段階で2着目を購入しました。

KINGZ

2着目に購入したのはKINGZの道着。

格闘技ショップブルテリアの通販で16000円ほどで購入。

なぜKINGZを選んだのかは自分でもわかりません。(笑)

今でこそ多くの有名選手がスポンサードされていて、人気が出てきましたが、

当時はそこまで人気ではなく、道場で着ている人が誰もいなかったので買ったような気がします。

KINGZは初心者向けの白帯がセットになった道着など、比較的安価な道着も多くありますが、私が購入したのはバリスティコというモデルで、KINGZの中では比較的高価なモデルの道着です。

KINGZといえば、レアンドロ・ロをサポートしていることで有名ですね。

バリスティコはレアンドロが試合で着ているモデルです。

バリスティコはKINGZの中では比較的高価なモデルであることから、後述する安価なモデルと比べると、ジャケット・パンツ共にかなりしっかりした作りになっています。

ジャケットは生地がしっかりしてる分、少し硬めで最初はゴワゴワしますが、着ているうちに馴染んできて動きやすくなります。

パンツはリップストップで膝から下はあまりシェイプされておらず、足首周りもやや余裕のある作りです。

ジャケットがしっかりしている分、やや重めなのですが、パンツがリップストップなので、道着全体としてみると他の道着とさほど変わらない重さになっています。

(A1で1,4キロと記載されています。)

私は黒を購入したのですが、半年もすると洗濯とか外干しの際の日光のあたりで色褪せてしまいました。

あまり頻繁には着ていないのですがかなり色褪せています。

作り自体は非常に丈夫で、購入から3年以上たった現在でも全く問題なく着られます。

ジャケットが硬めの作りになっているので、相手に襟や袖を持たれても切りやすくなっていますし、軽くて耐久性にも優れているので、私が今までに購入してきた道着の中でもかなりオススメできる道着の一つです。

 

練習でガンガン使っても痛みにくい、丈夫な道着が欲しい方には非常にオススメです!

スクランブル

3着目は軽くて細身の道着が欲しかったので、スクランブルを選びました!

宇野薫さんの『ONEHUNDRED ATHLETIC』とコラボしたモデルで18000円で購入。

スクランブルは社長が日本好きで、和風で一風変わったデザインの道着が多いのが特徴的。

かなり細めの作りの道着が多くてスタイリッシュな印象の道着ブランドです。

スクランブルの道着は他と比べてとても細身な作りになっています。

私の体系は172cm、64kgで階級でいうとライトフェザーぐらいの体格なので、

道着を購入する際は基本的に全てA1サイズを選んでいますが、

スクランブルだけは他のブランドと比べてかなりタイトな作りなので、A1サイズが少し窮屈に感じます。

(日本人の平均身長が172cmらしいので、かなり一般的な体格かと思います。)

ちなみに、袖口も他の道着に比べると狭くなっていますので、袖車などをよくする人は少しやりにくく感じるかもしれません。

パンツは先ほどのKINGZのバリスティコと同じく、リップストップ生地で上着と同じく細身で非常にタイトな作りです。

↓リップストップ生地は、薄くてシャカシャカしているような生地のことを言います。

個人的にはタイトで細身の道着が好きなので、今まで購入した道着の中でサイズ感は最も好みでした。

ただ、洗濯による縮みが激しいのと生地が少し弱く、何度か洗濯しているうちにパッチなどが剥がれてきてしまったのでその点で個人的には少しマイナスです。

↓わかりにくいですが、購入してから数回の洗濯でパッチの縫い目がほつれてしまいました。

消耗品なので仕方ありませんが、1回目の洗濯でほつれが出てきたりしたので、あんまり頑丈な作りではないのでしょうか?

Shoyoroll

4着目に購入したのがShoyoroll

言わずと知れた大人気ブランドです。

メンデスやミヤオが着ていることで有名ですね。

画像引用元…graciemag

画像引用元…BJJHeroes

一時期は世界大会でほとんどの選手がこの道着を着ているほど人気でした。

現在でも、全ての道着が発売されるとその日のうちに売り切れてしまうほどの凄まじい人気です。

新商品の情報などはInstagramで告知していて、基本的に販売はオンラインのみ。

なので、欲しい人はShoyorollのInstagramをフォローしておく必要があります。

私は27000円ほどで購入しました。(高い。)

道着としてはかなり高価ですし、中には30000円以上する道着もあります。

トミショー
トミショー
はじめに紹介したALMAなら3着買えちゃうレベル。

ただ、高価なのは間違いありませんが道着の作りはかなりしっかりしています。

購入してからかなりの回数洗濯をしていますが、今のところパッチ部分のほつれなどは全く見当たりません。


サイズ感も細すぎず、太すぎずで非常に動きやすく感じます。

如何せん値段が高いので、他の道着と何が違うのかとか気になるかもしれませんが、少なくとも機能性などに関しては特に他のブランドと変わりありません。

サイズ感は、ザ・ベーシックといった感じでジャケットもパンツも細すぎず太すぎずといったところです。

一種のブランド品ですね。

MOYA

5着目に購入したのはMOYABRAND

普通の色に飽きてきて、変わった色の道着が欲しくなり購入しました。

グレーの道着は意外に流行っていて、他のブランドでもグレー道着が販売されていますが、MOYABRANDは少し暗めのグレーです。

とても綺麗な色で気に入っていましたが、洗濯しているうちにパンツが色褪せてきました。

着心地とかサイズ感はショーヨーロールとほとんど同じです。

薄すぎず厚すぎずの丁度いいくらいの厚さのジャケットですが、パンツの幅は少し太めです。

パンツの幅が太いと、細身のパンツに比べて相手に掴まれやすくなってしまうので、個人的にはもう少し細めの方が好みです。

ジャケットもパンツもややゆったりとした作りなので、MOYABRANDは、道着は少しゆったり目に着たいという人にぴったりのサイズ感だと思います。

VHTS

6着目はVHTSのNYエディションを購入しました。

VHTSはファッション感度の高い人に人気なスタイリッシュな格闘技ブランドです。

 

私が購入したNYエディションは真っ黒でシンプルなデザイン。

サイズ感はタイトですが、肩周りや股関節周りはゆとりがあって動きやすいです。

パンツはリップストップではありませんが、膝から下がテーパードしていてすっきりとしたシルエットに見えます。

↓スクランブルとVHTSのパンツのサイズ感は膝下のテーパードを含めてほぼ同じか、スクランブルの方がやや細いくらい。

テーパードなしのKINGZのパンツと比べるとサイズの違いがよくわかります。

個人的にパンツは細い方が好みなので、VHTSの道着のサイズ感はお気に入りです。

NY発のブランドということもあって、デザインもかなり洗練されています。

VHTSの道着は、おしゃれな道着をスタイリッシュに着こなしたいという人にオススメです。

AOJ

7着目はAOJ。

この道着は、完全にメンデスブラザーズへの憧れで購入しました。

AOJの道着は有名なデザイナーがデザインを手がけているのでどの道着も超オシャレです。

道着自体は、おそらく他のブランドと同じ工場で作られているので、特別目立った特徴はないように感じます。

先に紹介したKINGZのバリスティコよりも、ジャケットは分厚くて硬めで、ゴワゴワしていてやや重いですが、その分グリップを作られても切りやすいようになっています。

ただ、ジャケットの作りはいいのですが、パンツの作りがイマイチです。

購入後、腰紐がすぐほつれてしまいましたし、あんまりクオリティーが高いとは言えません。

メンデスブラザーズに憧れてベリンボロに幻想を抱いていた時期に、わざわざ個人輸入までして購入しましたが、送料が高いこともあってあまりオススメしません。

KINGZ

8着目は再びKINGZの道着です。

週に3回以上は練習に行くようになり、練習用として耐久性のある安い道着を探した結果、KINGZの道着を購入しました。

2回目のKINGZはONEと呼ばれるモデルを購入しました。

 

一言で感想を表すとすれば、軽くて薄いでしょうか。

もれなく白帯とセットになって販売されているので、これから柔術を始めるつもりの方や、初心者の方にオススメです。

ブルテリア

9着目はブルテリア

柔術を始めた頃の有名選手が皆ブルテリアの道着を着ていたので、ブルテリアの道着は白帯の頃からずっと憧れていたんですが、9着目にしてついに購入しました。

ブルテリアの道着とかワッペンになんとなく憧れがあったんですよね。

ブルテリアは何と言っても、柔術界のキング『ホベルト・サトシ・ソウザ』が着用(スポンサード)しているブランドと言うこともあって、柔術を始めた当初から憧れがありました。

最近では国内最高峰の格闘技団体『RIZIN』の舞台で活躍していることで有名です。

そんな、全ての柔術家にとってある種の憧れの対象であるブルテリアの道着の中で、私が購入したのは限定モデルの『Limited 白』です。

ブルテリアには『無心』や『風神雷神』などの人気モデルがあって、それらのモデルもカッコいいので欲しかったのですが今回は限定の言葉の魔力に負けて『Limited』を選びました。

結論から言って、ブルテリアの道着『最高』です。

生地は硬めで非常にしっかりしているのですが、硬い素材の道着にありがちなゴワゴワしているような感覚は全く無くて非常に動きやすいです。

パンツもリップストップ生地なので、丁度いいくらいに細身で軽くて動きやすく快適です。

ただ、着心地とか動きやすさに関しては文句のつけようがありませんが、一点だけ気になる点が、洗濯後の縮みが激しい点です。

今回、私が購入したモデルに関しては、数回の洗濯でかなり縮んでしまい袖なんかがめちゃくちゃ短くなってしまいました。

さすがに練習でも着れないので、道場の先輩に譲って着てもらうことにしました。

ただ、その分ブルテリアでは道着のサイズが非常に細かく分類されていて、しかもネットで購入したものでもサイズが合わなかったりした場合、交換できますので安心です。

注文してからの発送の速さなど、対応も素晴らしいので柔術着選びに悩んでいる人は要チェックのブランドです。

この記事に書いているように、今まで色々な道着を購入してきましたが、今後新しく柔術着を買う場合は、全てブルテリアで買おうかと思ってしまうくらい最高です。

ブルテリアは、国内の柔術着ブランドでトップシェアを握るブランドだと思いますが、実際に買ってみて着てみて、その理由がなんとなくわかった気がします。

ブルテリアの道着を購入するか迷っている人は、背中を押されたと思って是非購入してみて下さい。

シンプルなモデルもまたカッコいいんです。

VANGUARD

最後の10着目はVANGUARD(ヴァンガード)です。

海外の柔術家の間では大人気となっているブランドですが、日本ではまだそこまで着ている人が多くないブランドですね。

私が購入したのは、VANGUARDとUNDEFEATEDがコラボしたモデルの道着です。

さすが人気アパレルブランドとコラボしたモデルとだけあって、デザインがシンプルながらもとても洗練されている感じで、一目惚れで購入しました。

VANGUARDの道着はデザインはさることながら、機能性の高さでも人気で、特にEvopantと呼ばれるパンツは非常に動きやすくて気に入っています。

一般的な柔術着のパンツと違って、パンツが6パネル構造になっていて股関節や膝関節周りがとても動きやすい印象です。

色々試した結果、オススメの道着は?

改めて振り返ってみると、2〜3着あれば充分なのに10着は買いすぎですね!

安い買い物ではないので、しばらくは新しい道着を買うのは我慢したいと思います!(笑)

今まで沢山道着を購入してきた私が、デザインや耐久性、値段などを総合的に考慮して、最もオススメできる道着は、KINGZのバリスティコです。

 

理由は、デザイン、サイズ感、コストパフォーマンスの全てが優秀だから。

ジャケットは競技柔術向けでグリップを切りやすい作りになっていますし、パンツはリップストップなので脚が動かしやすくストレスがありません。

道着の重量も軽めなので、試合に出る人にとってもオススメです。

安い柔術着はいくらでもありますので、そんな中でバリスティコの値段は20000円弱と、決して安くはありませんが、今まで実際に色々なブランドの道着を着てきた中で最も頑丈で耐久性に優れているように感じたのがバリスティコなので、長期間着ることを考えるとコスパ的にもお得かと思います。

柔術着選びに悩んでいる人は是非候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

結論〜自分の好きな道着を着よう!〜

ルール上、試合では柔術着が必須ですが、練習では柔道着でも構いません。

実際、柔道出身の人が柔道着で柔術を練習していることも多いです。

とはいっても、袖やパンツの幅が違うと展開が全く異なりますし、カッコいい、お気に入りの柔術着があるとそれだけで練習のモチベーションにもなるので、

可能であれば柔術着を購入することをオススメします!

お気に入りの柔術着を着て楽しい柔術ライフを過ごしましょう!

この他にも、柔術家に向けた記事を多数書いていますので、是非サイト内をチェックしていただければ幸いです。

柔術ブログ『BJJMONSTER』トップページへ。

柔術着選びに悩んでいる方は是非こちらの記事もチェックして下さい!

柔術着に散々お金を注ぎ込んできた先輩柔術家達が、柔術着の選び方や、それぞれのお気に入りの柔術着について記事内でアツく語ってくれています。

柔術着選びの参考になること間違いなし!

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が面白かった、参考になったと感じたら是非SNSでシェアをお願いします!

また、記事の更新は主にtwitterで告知していますので、同時にtwitterのフォローもお願いします!

http://@Jy8St1218

ABOUT ME
トミショー
トミショー
柔道整復師&トレーナー。 現在社会人野球チームでトレーナー活動を行うと同時に、鍼灸学科の学生でもあります。 ブラジリアン柔術と筋トレが趣味。 最近5桁ブロガーの仲間入りしました。
BJJMONSTERグッズ販売中!

オリジナルデザインのワッペンとステッカー販売中!

¥…2000円

ワッペン、ステッカーに対する詳しい情報はこちら↓

https://bjjmonster.net/bjjmonsterオリジナルグッズ作成しました!

ご購入に関しては、お問い合わせフォームからのご連絡か、

https://bjjmonster.net/お問い合わせ

こちらからも購入できます。

https://bjjmonster.thebase.in