ブラジリアン柔術

柔術家インタビュー企画第2弾!『平城京のスピンマスター』松本一郎選手にインタビューしてみた。

トミショー
トミショー
こんにちは、柔術ブログ『BJJMONSTER』管理人のトミショーです!

先日からスタートした『柔術家インタビュー企画』

第一回のインタビューは管理人である私の師匠、糸井選手に出演していただきました。

第二回となる今回は、これまた関西柔術を代表する軽量級トップの柔術家、

平城京のスピンマスターこと、松本一郎選手に登場して頂きます!

松本選手は奈良県にあるNR柔術を代表する選手であり、

関西柔術だけでなく全日本マスターなど全国の舞台で活躍する柔術家です。

今回の記事では、松本選手の基本情報から

柔術を始めたきっかけ

スピンマスターの異名の由来

パスされないガードの秘密

バキバキボディを維持するためのトレーニング

海外出稽古エピソード

などなど大ボリュームで語ってもらいます!

NR柔術所属…松本一郎選手基本情報

名前 松本一郎

https://pbjjlabo.jimdofree.com

生年月日 1981年10月9日

帯色 黒帯

階級 ルースター&ライトフェザー

所属 NR柔術

柔術以外の趣味・特技 スニーカー収集、DIY、アウトドア、バーベキュー

主な戦績

◎紫帯◎

JBJJF 第11回全日本マスター選手権マスター2ライトフェザー級優勝

IBJJF ワールドマスター マスター1ライトフェザー級ベスト8

◎茶帯◎

JBJJF第12回全日本マスター選手権 マスター2ライトフェザー級優勝

IBJJFアジア選手権2017マスター2ライトフェザー級優勝

JBJJF第13回全日本マスター選手権マスター2ライトフェザー級優勝

JBJJF第19回全日本選手権ルースター級準優勝

◎黒帯◎

2019 第20回全日本選手権ルースター級3位

賞金グラップリングマッチGradiator cup61,2kg級初代王者

輝かしい成績を残し続けている松本選手に色々お話を聞いていきたいと思います!

柔術を始めたキッカケ

トミショー
トミショー
まず初めに、柔術を始めたキッカケを教えてください!
松本選手
松本選手
柔術を始めたキッカケは『痩せたかったから』です。

高校卒業までラグビーをしていて身体もバキバキでした。そこから浪人して太り、大学を辞めてフリーターしてまた太り、22歳で結婚して不規則な生活して太って77キロくらいあったんです。

りんごだけダイエット、スープだけダイエットなどで一時的に痩せるもリバウンドを繰り返していた時に、格闘技すればいい身体になれるかもと思い、前々から興味のあった柔術を始めてみたのがキッカケです。

あと、マキシマムザホルモンというバンドのボーカルがreversalのファイトショーツをはいていて、単純に同じブランドを着たくてコスプレ感覚のところも少しありました。

トミショー
トミショー
そうなんですね!

ガンガン試合に出て、今ではバキバキの身体の持ち主の松本選手が、『痩せたかったから』という理由で柔術を始めたのは意外ですね。

最初に柔術に触れたのはいつ頃なんですか?

松本選手
松本選手
最初は2009年に友人に誘われて生駒の武道館で行われていたサークルで柔術に触れました。合計4回ほど行きましたが、自分の子供が小さく、不定期開催だったこともあり、その際は本格的に始めるには至りませんでした。
トミショー
トミショー
確かに、不定期開催だと継続して参加するのが難しかったりしますもんね。

いつ頃から本格的に取り組むようになったんですか?

松本選手
松本選手
2011年にNR柔術ができた際に本格的に始めました。

ちょうど自分も仕事で独立開業し、子供が小学校に入ったタイミングですね。

『スピンマスター』異名の由来

トミショー
トミショー
松本選手と言えば『スピンマスター』の愛称で有名ですよね。関西柔術の試合会場ではお馴染みの愛称ですが、この異名には何か由来があるのですか?
松本選手
松本選手
昔、プロ柔術MATSURIに出場した際に、MATSURI煽りブログでグランドコアの森本代表に二つ名として付けてもらいました。回転系の技術も好きだし、マスターは使いこなすという意味も、30歳以上のマスター世代という意味合いもあって最初から気に入っています。
トミショー
トミショー
なるほど。回転系の技術を得意としているからスピンマスターというだけじゃなく、それだけ意味の込められた異名だったんですね。
松本選手
松本選手
そうなんです。今では関東や地方の道場の方にも『スピンマスター』と呼んでいただける事も増えて定着した感じです。

パスできないガードの秘密

トミショー
トミショー
松本選手と言えば、スピンマスターの異名通り『パスできないガード』でも有名です。

実際、僕も何度かスパーリングをさせてもらっていますが、何というかパスできる気がしないんですよね(笑)

何かガードをする際に意識していることや秘密なんかがあるのですか? 

松本選手
松本選手
パスされないヒミツですが、身も蓋もない言い方をすれば太ももと胸をくっつけとくだけです。

よく身体が柔らかいから脚が効くと言われるのですが、実は僕は身体は硬くて前屈なんかも普通の人以下なんです。

ただ脚が効くガードのために自分で考えた足の当て方や足の組み方、お尻の挙げ方といった細かいポイントはあります。

トミショー
トミショー
確かに、あのカルペディエムの橋本選手も『パスガードは自分の胸と膝の間のスペースに相手が侵入してくる動作だからそれを防ぐだけ』と言っていますもんね。

それでも、あれだけ脚の効くガードをしているのに身体が硬いなんて意外です。

柔術を始めた当初からガードが得意だったんですか?

松本選手
松本選手
いえ、そんなことありませんよ。僕が所属しているNRには宇原代表のニースライス、佐藤選手のトレアナ、藤井選手の噛みつきといった軽量級のトップアタッカーが揃っています。

そこで練習しパスされまくって、上手くなったのが一番の理由です。

他にも関西だとコブラ会やパラエストラさん、徳島の吉岡選手やBOASORTEの皆さんとも練習させてもらって、色んなタイプのパスを武器としている人と練習することによって様々なパスに対応できるようになったと思います。

トミショー
トミショー
失敗は成功の元ではありませんが、実際にやられることで成長してきたということですね。
松本選手
松本選手
そうですね。ただ、未だに重いトップアタッカーの揃うモンスターハウスの皆さんにはパスされることがありますけどね、、、
トミショー
トミショー
モンスターハウスは確かに重量級の選手が多いですし、一人、ガチのモンスターもいますしね。(笑)松本選手とは階級がかなり違いますが、練習では他の黒帯の選手も極めまくっていますからね。
トミショー
トミショー
ちなみに、試合では柔術家なら誰もが知るレジェンドである金古選手や芝本選手とも対戦していますよね。

どちらの試合も敗れはしたもののパスガードされるには至ってなかったと思いますが、実際のところどうだったんですか?

松本選手
松本選手
確かに、パスガードはされていなくて、それを評価してくださる方もおられますが、実際は試合展開として相手がパスしなくてもいい状況になっただけのことで、次に試合させていただくことがあれば確実にパスされるくらいお二人のレベルは間違いなく抜けています。
トミショー
トミショー
なるほど。一見するとパスされていないことに注目してしまいますが、黒帯のトップレベルはそこまで考えながら試合しているんですね。すごい。。。

↓JBJJF関西柔術オープン2019でのレジェンド金古選手との試合映像。

試合に出続ける理由&印象に残っている対戦相手

トミショー
トミショー
松本選手は関西柔術はもちろんのこと、全日本マスターや全日本選手権など全国各地で様々な大会に出場してきています。

全国各地で試合に出続けるのには何か理由があるのですか?

松本選手
松本選手
最初は道場のブログに載せてもらえるのが嬉しくて試合に出ていたんです。しかし2015年以降はインストラクターとして『先生』の立場になったんです。会員さんからしたら戦績のない親切な〇〇先生よりも全日本〇位の先生に習う方が格式も高く、自慢できると思うようになりました。 
トミショー
トミショー
確かに、あまり強くない先生や実績のない先生より、ちゃんとした経歴や結果がある先生に教わる方が成長も早かったりしますもんね。
松本選手
松本選手
そうなんです。また柔術過疎地だった奈良県で当たり前に練習ができるようになった感謝から、道場の名も広めたかったので全国の大会にも出れるだけ出場させてもらいました。

その頃にはスポンサーもしていただけるようになり、勝っても負けても試合に出まくって道場名とスポンサードブランドを普及させたいと奔走しました。結果として試合に出ることが、双方を満たすことができる行為と当時は思っていました。

トミショー
トミショー
そうなんですね。確かに、今でこそ全国各地に柔術道場がありますが、当時はまだまだ全国的にも柔術道場が少なかったですもんね。

試合の話になったので一緒に聞きたいのですが、これまで数多くの大会に出場してきて多くの柔術家と対戦していますよね。

その中でも特に印象に残っている試合や強かった選手について教えていただけますか?

松本選手
松本選手
それぞれの時期で印象に残っている試合がありますね。

紫帯の頃のワールドマスターでの一本勝ちも印象に残っていますし、モンスターハウスの糸井さんとのレグナムでの試合も印象深い試合の一つです。

2017年、茶帯の頃に出場した全日本のライトフェザーで富田選手にされたパスガードと一本負けも印象に残っていて、自分にとってのターニングポイントになった試合です。

黒帯になってからは先程も話題に上がりましたが、金古さんとの試合と全日本での芝本選手との試合ですね。

トミショー
トミショー
なるほど、負けた試合も成長につながるターニングポイントになってくれますもんね。ちなみに、金古選手や芝本選手と対戦した際は、どのような点で強い、上手いと感じましたか?
松本選手
松本選手
それぞれ沢山ありますが、金古選手のボトムはデラヒーバの脚と襟のグリップがとにかく切れない。トップは常に内を取られてスイープチャンスが一度もなく、こちらが守るのみにされる事ですね。

芝本選手はボトムの切れなささは金古選手と同様です。トップの9分間本当に一度もミスする事なく、限りなくリスクはないのに、少しずつ確実に距離を詰めてパスを仕掛け続けられた点ですね。同階級でパワー負けしたのも、このお二人ですね。

↓金古選手と対戦した際の一枚。確かに深く入ったデラヒーバが強烈そうです。

軽量級

トミショー
トミショー
松本選手は試合ではルースター級で、通常の体重も60〜61kgと柔術では軽量級の選手です。これまでに練習で苦労したことはありますか? 
松本選手
松本選手
軽量級で苦労したことは怪我ですね。最初のうちは重い相手とのスパーで怪我することもありました。ただ、青帯の途中くらいからはイナし方がわかってきて怪我もしなくなりましたね。
トミショー
トミショー
確かに、体重差がある同士でスパーすると、大抵軽い方が怪我をする事が多いですよね。。

スパーでのイナし方というのはどのような事を工夫しているのですか?

松本選手
松本選手
工夫としては大きな相手でもできるだけ力は使わずに、止めておくべきポイントや仕掛けるタイミングと戦略で勝負するようなスパーを心がけています。

あと練習なので失敗してパスやスイープされてもOKと考えられるかどうかも大切です。

トミショー
トミショー
なるほど。力やパワーで優れている相手には、それ以外の部分で勝負することが大切なんですね。

確かに、自分もそうなんですが、失敗を恐れるあまり、練習でいつも同じ人と同じ展開になって結局チャレンジしないで終わってしまう事も多いんですよね。

松本選手
松本選手
膠着してでも意地でもトップキープとか、アタックできるのにせずに、やりとりがなく時間が過ぎるスパーリングほどムダなものはないので、上下入れ替わってもいいから取り組んでいる技の練習をした方がいいと思います。実際、僕も道場内では青帯の方にスイープやパスされる事もありますよ。
トミショー
トミショー
そうなんですね。確かに無駄な意地やプライドで技術の向上を妨げてしまっていたら元も子もないですもんね。
松本選手
松本選手
若い選手にやられても、デカイ選手にやられても、何かできることはなかったか?と常に振り返り考える。トライ&エラーの繰り返しで自分の技術の向上を感じることができれば自然に上達し続けられると思います。

軽量級の人は、誰とやっても自分より重い選手との練習になるので、裏を返せば、誰よりも上手く強くなれるチャンスがあるということです。僕自身誰よりも多く失敗し、誰よりも悔しい思いを経験できるからこそ早く強くなれると考えて練習してきました。

ボディメイクの秘訣とトレーニングについて

トミショー
トミショー
もう一点、松本さんの代名詞といえばキレキレの筋肉です。体型を維持するためのボディメイクやトレーニングはどのように行なっているのですか?

↓松本選手の代名詞の一つでもある半端ないバキバキボディ

松本選手
松本選手
元々77kgもあった僕は遺伝的にも太りやすい体質です。

それでも柔術を始めてからは週二回の練習、食事と睡眠改善だけで一年半で17kgの減量に成功しました。 それから今まで8年ほどリバウンドせずに階級をキープしながら、筋力を上げ続けています。

仕事柄、身体のことは熟知していますが、ボディメイクにおいてはやはり食事が一番大切だと思います。

トレーニングも行なってはいますが、ハードなモノはもう一年近くやってません。

トミショー
トミショー
なるほど。あのバキバキの筋肉の秘訣はトレーニングよりも食事にあるんですね。
松本選手
松本選手
そうですね。

誤った食事法の糖質ゼロ信者が未だに多くいて驚いています。僕は甘いものも大好きですし米も一食で2合食べます。普段はビールもラーメンも摂ります。

トミショー
トミショー
一食で米2合!?それに甘党でビールにラーメンまで?!

それだけ普段食べるとなると逆に試合前の減量なんかがかなり大変だと思いますが、その辺はどうなんですか?

松本選手
松本選手
普段は裸で60〜61kgなので、ルースターに落とす時だけ3ヶ月前から減量モードに入って、徐々に3〜4kg落として当日に水抜きで1kgくらい落としてる感じです。
トミショー
トミショー
ルースターに落とす時は結構減量に時間をかけるんですね。

ちなみに減量の際は甘いものやラーメンは一切なしですか?

松本選手
松本選手
ルースターに減量する際もチョコレートやお米は摂ります。

もちろん量は加減しますが、糖質がないとエネルギー不足や腸内環境悪化が起こるので必要最低限は摂ります。

カロリーを抑える意味でラーメンや脂っこい肉料理は控える感じです。

トミショー
トミショー
確かに、糖質は身体にとって必要な栄養素なので減量期でも摂取するべきですよね。
松本選手
松本選手
そうですね。減量期は胸肉、卵、納豆、豆腐、葉物、野菜を軸に食事をするように心がけています。

↓減量期の食事の参考画像。

アメリカ出稽古エピソード

トミショー
トミショー
松本選手はよく出稽古に行っていて、国内の道場はもちろん、過去にはアメリカの道場にも出稽古に行かれています。

AOJに行ったキッカケは何だったんですか?。

松本選手
松本選手
海外での試合でAOJの選手と対戦したことがキッカケです。AOJの選手との試合で、ダブルガードから相手が立ってアドバン。そこからベリンボロであわやバックまで行くも何も入らず、50/50でお互い立てず終わると言った展開で負けたんです。

その試合の後に、相手のセコンドをしていたギィ先生に話しかけに行ったんです。

『なぜダブルガード立たなかった?』と聞かれ答えに困ると『トップに自信がないからでしょ?』とズバリ言い当てられた感じでした。そこで『明日もAOJで練習があるからよかったらおいで』と言われたのがキッカケです。

トミショー
トミショー
なるほど。AOJ目的で海外に行ったのではなく、意外なキッカケで出稽古に行くことにしたんですね。

ちなみに、出稽古ではメンデス兄弟とは組まれたんですか?

松本選手
松本選手
いえ、実際の練習ではハファもギィもおらず組んでいません。

僕が参加したのは当時紫帯でめちゃくちゃ強かったメイソン選手のクラスで、参加者には当時中高生のリアム選手が青帯でいました。あとは普通の青帯から紫帯の人が参加していましたね。

トミショー
トミショー
そうなんですね。確かに、ギィはまだしも『ハファはいつも会議していて練習に出ていない』なんてエピソードもありますもんね。メイソン選手は僕も知っています。AOJの紫帯ですから国内の黒帯よりもレベルが高いかもしれませんね。

クラスではどんな技を教わったのですか?

松本選手
松本選手
クラスではパスガードについて教わりました。そこで習ったニースライスは今でも僕のトップからの軸になっています。いわゆるコンペ練でもなく、超トップと組んだ訳でもないですが、考え方や取り組み方などでAOJでの出稽古がターニングポイントになったことは間違いありません。
トミショー
トミショー
松本選手のトップゲームはニースライスの展開が多いですが、そういった背景があるんですね。
トミショー
トミショー
ちなみに、AOJには名物エナジードリンクがありますよね。

AOJ好きでエナジードリンク中毒症の私からすると非常に気になるのですが、飲んでみて実際のところどうでしたか?

↓AOJ名物のエナジードリンク

松本選手
松本選手
AOJ名物のエナジードリンクPURPSはオーガニックのエナジードリンクです。

味は個人的には『、、、?』といった感じで美味しくはありませんでした。

カン、ペットボトル、粉末と全てのタイプを試しましたが、どれも美味しいとは思えませんでしたね。パッケージが可愛くて未だに飾っていますが、まぁ記念のお土産話だと思って飲むにはオススメかと思います。

トミショー
トミショー
そうなんですね(涙)

もし僕も今後行く機会があれば試してみようと思います!

最後に

トミショー
トミショー
最後に、松本選手の柔術における今後の目標を教えてください!
松本選手
松本選手
今後の目標は、道場を楽しい場所にするために尽力したいなぁと思っています。

個人的には柔術を続けながらそれを仕事にも活かして、全国にいる柔術仲間にいつでも気軽に会いに行ったりできるような余裕を持った日々を送れるようになりたいと思っています。

トミショー
トミショー
松本選手のエネルギッシュな性格と、わかりやすく丁寧な指導があればその目標も近いうちに達成できること間違いなさそうですね!

松本選手、今回は長いインタビューにお付き合いくださりありがとうございました!

松本選手
松本選手
ありがとうございました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これまで数多くのタイトルを獲得してきた松本選手ですが、

柔術を始めたキッカケがダイエットと意外なエピソードも多かったのではないでしょうか?

今回のインタビューが柔術家の皆さんにとって参考になる点があれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

もしこのブログが面白かったり、参考になったと感じていただいたら、

是非SNSなどでいいねやシェアをお願いします!

今後も柔術家へのインタビューをはじめ、面白い記事を更新していく予定です。

記事の更新の告知は主にtwitterで行なっていますので、是非フォローをお願いします!

http://@Jy8St1218

ABOUT ME
トミショー
トミショー
柔道整復師&トレーナー。 現在社会人野球チームでトレーナー活動を行うと同時に、鍼灸学科の学生でもあります。 ブラジリアン柔術と筋トレが趣味。 最近5桁ブロガーの仲間入りしました。
BJJMONSTERグッズ販売中!

オリジナルデザインのワッペンとステッカー販売中!

¥…2000円

ワッペン、ステッカーに対する詳しい情報はこちら↓

https://bjjmonster.net/bjjmonsterオリジナルグッズ作成しました!

ご購入に関しては、お問い合わせフォームからのご連絡か、

https://bjjmonster.net/お問い合わせ

こちらからも購入できます。

https://bjjmonster.thebase.in