サイド

最も効率よくサイドポジションをキープする方法はこれだ!

こんにちは、BJJモンスターです!

今まで練習していなかったことを練習するようになると毎回新しい発見の連続で、練習がすごく楽しく感じます。

最近はパスガードの練習にハマっていて、スパーリングでもトップポジションをよくやるようになったのですが、せっかくパスする事が出来てもポジションをキープする方法がわからずに、ガードに戻される事が何度かありました。

せっかく肝心のパスガードが出来ても、すぐにガードに戻されてしまっては、ポイントを奪う事が出来てもサブミッションを決める事が出来ませんよね。

どうしてもパワーのある相手になると力技で返されたりすることもあるので、力で対抗できるように筋トレを始めることも考えたのですが、そこは柔術。

テクニックは全てを制するというカイオテハの教えにしたがって、
技術で対応できないかと色々試してみました。

マウントやバックポジションはキープしやすいですが、サイドポジションやニーオンベリーなどは相手も必死で暴れるのでポジションをキープするのが難しいです。

そこで何かいい方法はないかと試してみた結果、ラペラを使用するのが最も安全で効果的だという結論にたどりつきました。

サイドやニーオンのポジションキープはもちろん、ハーフガードのパスの際などにもラペラを使ったテクニックは非常に使えます。

サイドやニーオンからブラボーチョークを仕掛ける際のラペラの通し方も相手の動きをコントロールする事が出来て非常に有効ですが、ラペラを手前に引いて相手の動きをコントロールする方法もあります。

 

キーナンがラペラを手前に引いたポジションキープとそこからのサブミッションを説明しています。

さすがラペラ使いの先駆者だといわんばかりのテクニックですが、
この技はラペラを繋いだボディロックのようなイメージですね。

実際に練習で何度か試してみましたが、サイドポジションからハーフに戻されてしまう事が度々ありました。

ラペラを受け渡す際に、相手に対するプレッシャーが緩んでしまってコントロールを失いやすいので注意が必要です。

ラペラを受け渡して、完全に形を作る事ができれば、相当強いサイドポジションのキープ方法なので覚える価値ありのテクニックです!

チョークへの展開も一緒に打ち込みしてサイドポジションからのレパートリーを増やしましょう!

ABOUT ME
トミショー
トミショー
柔道整復師&トレーナー。 現在社会人野球チームでトレーナー活動を行うと同時に、鍼灸学科の学生でもあります。 ブラジリアン柔術と筋トレが趣味。 最近5桁ブロガーの仲間入りしました。
BJJMONSTERグッズ販売中!

オリジナルデザインのワッペンとステッカー販売中!

¥…2000円

ワッペン、ステッカーに対する詳しい情報はこちら↓

https://bjjmonster.net/bjjmonsterオリジナルグッズ作成しました!

ご購入に関しては、お問い合わせフォームからのご連絡か、

https://bjjmonster.net/お問い合わせ

こちらからも購入できます。

https://bjjmonster.thebase.in