バック

全ての道はレッグドラックに通ずる!?

こんにちは、BJJモンスターです!

レッグドラックと言えば、強力なパスガードの方法の一つで、モダン柔術の代表的なテクニックの一つですね。

レッグドラック自体は相当有利なポジションですが、ポイントを知っていないと、いい形を作ることが出来ても簡単に逃げられることもありますのでレッグドラックを完成させる上で大切なことを考えてみたいと思います!

レッグドラックはベリンボロとの相性も抜群なので、モダン柔術を行う人には必修科目といっても過言ではないテクニックです!

モダン柔術好きな人は是非習得しましょう!

レッグドラックでのポイント

相手の身体を捻るイメージ

レッグドラックだけでなく、全てのパスガードのアタックやベリンボロでも重要となってくるのが相手の上半身と下半身を逆方向にツイストすることです。

上半身と下半身を逆方向に向けられてしまうと、力が入りにくくなるだけでなく、エビをすることもできなくなるので、この状態を作ることができれば相手をコントロールするのがとても簡単になります。

相手の下半身をコントロールする

上半身と下半身のどちらもコントロールすることが理想ですが、まずは相手の下半身をコントロールするようにしましょう!

相手の腰をしっかりと抱えるようにして、自分の足でしっかりと相手の足を束ねてコントロールすることが大切。

相手のエスケープは常に腕でフレームを作って、距離を取ろうとしてくる動きなので、しっかりと腰を抱えて距離を潰して逃げられないようにしましょう!

攻め急がない

相手の身体を上半身と下半身で別方向に捻って、距離を取られないようにしっかりと腰と足をコントロールすることができれば、そこからは焦らずに時間をかけて相手にプレッシャーをかけ続けましょう!

パスガードのキワの攻防では相手も必死に動いて暴れて逃げようとしますが、時間が経てば、そのうち疲れてきて動くのを止めるタイミングが来ます。

相手が逃げようと激しく動いているときは、ポジションを変えるタイミングではありません!

レッグドラックでも、相手が激しく動いて抵抗している時に、サイドポジションなどの他のポジションに移行しようとしても絶対に逃げられてしまいます。

レッグドラックから他のポジションへは、必ず相手の動きが止まってから移行するようにしましょう!

レッグドラックからのアタック

レッグドラックからのアタックは様々ありますが、個人的にはエゼキエルチョークを狙うのがオススメです!

腕十字などを狙うよりもポジションを失うリスクが少なく安全に絞めを狙うことが出来ます。

レッグドラックとベリンボロのテクニックを組み合わせることができれば、どこからでも相手のバックを狙うことが出来ます。

相手のフレームが強くて、相手に近づくことが出来ない場合は、クラブライドのテクニックを使って、逆サイドからアタックする方法を狙うこともできます!

 

この方法は少し難易度が高いので、何度も打ち込みをする必要がありそうですが、クラブライドを身につけることができれば、バックを奪える確率がグッと上がるので、レッグドラックをよくする人は打ち込みして身につけましょう!

ABOUT ME
トミショー
トミショー
柔道整復師&トレーナー。 現在社会人野球チームでトレーナー活動を行うと同時に、鍼灸学科の学生でもあります。 ブラジリアン柔術と筋トレが趣味。 最近5桁ブロガーの仲間入りしました。
BJJMONSTERグッズ販売中!

オリジナルデザインのワッペンとステッカー販売中!

¥…2000円

ワッペン、ステッカーに対する詳しい情報はこちら↓

https://bjjmonster.net/bjjmonsterオリジナルグッズ作成しました!

ご購入に関しては、お問い合わせフォームからのご連絡か、

https://bjjmonster.net/お問い合わせ

こちらからも購入できます。

https://bjjmonster.thebase.in