ブラジリアン柔術

ガードからのアタックで重要なこと

こんにちは、BJJモンスターです!

皆さんは、ガードからのアタックにおいて最も重要なことは何だと思いますか?

様々なガードを組み合わせること?

左右の足のどちらでも遜色なくガードができるようになること?

失敗を恐れずに思い切って仕掛けること?

などなど、上記のすべてが大切なことに間違いありませんが、

私がガードからのアタックで最も重要だと思っていることは、
相手のバランスを崩すことです!

どのガードにおいても共通していると思いますが、
スイープやサブミッションを仕掛ける際に、そのまま馬鹿正直にアタックしても成功することはほとんどありません。

スイープを仕掛ける際は、実際にスイープしたい方向とは逆方向への
アタックを入れて相手のバランスを崩したり、サブミッションを狙う際も、スイープやバックテイクのプレッシャーをかけて相手のバランスを崩した状態でアタックすることが大事です。

クローズドガードからいきなりキムラロックを仕掛けても、よほど力が強くない限りはうまくいかないと思いますので、事前にヒップスローなどのスイープのアタックを入れておくことで相手の注意を散漫させることができ、サブミッションを取りやすくなります。

また、デラヒーバからのベリンボロやベイビーボロのアタックで、崩しもなく、いきなり相手のバックに回ろうとする方が非常に多いですが、この方法も基本的にはあまりオススメできません。

成功することもありますが、この場合もまず相手のバランスを崩す必要があります。

ガードにおいて重要なのは常に自分が主導権を握っていることです。

相手がしっかりと両足を地面についていて、バランスよく立っている状態は相手を崩すことができていません。

逆に相手は両足を地面についていてバランスが取れている状態ですから、いつでもパスガードのアタックを仕掛けることができます。

下の写真は管理人がデラヒーバガードをしている状態ですが、
デラヒーバのフックをつけて、相手のパンツと襟を握っています。
悪い形ではありませんが、同時に相手も両足をしっかりと地面についていて、バランスを取ることができている状態なので、ガードからのアタックを狙う際は、ここからもう一段階相手のバランスを崩すことが必要です。

デラヒーバを仕掛けている時なら、常にアタックを続けて、相手が地面に手をついてしまうくらいバランスが崩れるようにしなければいけません。

スイープやバックテイク、足関節へのアタックを仕掛けることによって相手がバランスを崩したところで初めてバックテイクを狙うことができます。

下の写真ではデラヒーバから足関節を狙ったところ、相手が嫌がって片手と片膝を地面についてきた状態です。

ここまで崩すことができて初めてスイープやバックへのアタックを仕掛けることができます。

一度、相手のバランスを崩すことができれば、相手はその状態からいきなりパスガードなどのアタックを仕掛けてくることはできませんので、こちらが主導権を握ることができます。

ガードからのアタックがうまくいかない人は是非参考にしてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
トミショー
トミショー
柔道整復師&トレーナー。 現在社会人野球チームでトレーナー活動を行うと同時に、鍼灸学科の学生でもあります。 ブラジリアン柔術と筋トレが趣味。 最近5桁ブロガーの仲間入りしました。
BJJMONSTERグッズ販売中!

オリジナルデザインのワッペンとステッカー販売中!

ワッペン、ステッカーに対する詳しい情報はこちら↓

https://bjjmonster.net/bjjmonsterオリジナルグッズ作成しました!

ご購入に関しては、お問い合わせフォームからのご連絡か、

https://bjjmonster.net/お問い合わせ

こちらからも購入できます。

https://bjjmonster.thebase.in