キムラロック

ハーフに対するアタック〜足が抜けない場合は〜

こんにちは、BJJモンスターです!

先日から、ハーフガードに対するパスガードのアタックについて色々とブログを更新してきましたが、どうしても足が抜けない場合ってありますよね?

 

ハーフで足が抜けない場合は

ハーフガードに対してのアタックは、まず足を抜くパスガードのアタックを仕掛けていくのがセオリーですが、どうしても足を抜く事ができない場合は、ハーフガードの状態からサブミッションを狙いましょう!

ハーフからのサブミッションで代表的なものはギロチンやキムラロック 、一番絞りでしょうか?

上記3つの全てが、足を抜かないままの状態で狙う事ができますね。

特にキムラロックはポジションを失うリスクなく、そのまま色々な展開に移る事ができるのでオススメです。

↓ハーフからのキムラトラップでパスとバックを同時に狙う方法

https://bjjmonster.net/キムラトラップで近道しよう!

ブラボーチョークがオススメ!

個人的にはブラボーチョークを狙う方法が最も強力だと思います!

ブラボーチョークを狙うまでの過程で、相手のラペラを引き出す事で相手の上半身を完全に抑え込んでコントロールする事ができますし、仮にチョークが決まらなかった場合でもそのまま足を抜いてパスガードを成功させる事ができます。

↓ブラボーチョークは足が抜けていないハーフガードの状態のまま極める事ができる。

ブラボーチョークといえばギィ・メンデスですね。

ハーフガードに対するアタックでブラボーチョークがオススメな理由は主に3つあります。

ブラボーチョークがオススメな理由

①絞めを狙いながら足を抜きに行くことで相手の意識を分散させて、より簡単に足を抜く事ができるようになる。

足を抜きに行くアタックだけだと相手も抜かせまいと必死になって抵抗してきますが、絞めのアタックを同時に仕掛ける事によって、相手は絞めとパスの両方に対してディフェンスしなければいけなくなります。

もちろん、両方を完璧にディフェンスすることは至難の技ですので、必ずパスに対するガードが緩んできます。

その際に足抜きを狙ってもいいし、そのまま絞めを狙い続けてもOKです。

同時に二つのアタックを仕掛けるとパスガードもより簡単に行えるようになります。

②ラペラを引き出して上半身を抑えると相手により強力なプレッシャーをかける事ができる。

ラペラを引き出す事が出来れば、相手の動きを相当コントロールする事ができます。

ラペラを引き出したら、なるべく深い位置を握る事が大切です!

可能な限りタイトに相手の上半身をコントロールしましょう。

相手は思うように上半身を動かす事ができなくなるので、絞めを狙う以外にも普通にパスガードを狙うのも一つの手です。

特に、ラペラを引き出している状態ならロングステップでのパスガードが非常に簡単に狙えます。

③相手が絞めとパスを嫌がって立ち上がってきた場合は、立ったままの状態で極める事ができる。

絞めがタイトに入っていると、相手は嫌がって立ち上がったりして逃げようとします。

相手が立ち上がってきても関係ありません。

絞め手が取れているならそのまま極める事ができます。

構わず絞め続けましょう。

ブラボーチョークは形を作る事が出来れば相当強力な絞め技です。

狙う場合は、ラペラを引き出す事に必死になりすぎず、足抜きなどのパスガードのアタックを仕掛けつつ慎重にラペラを引き出して、少しづつ形を作るようにしましょう!

ABOUT ME
トミショー
トミショー
柔道整復師&トレーナー。 現在社会人野球チームでトレーナー活動を行うと同時に、鍼灸学科の学生でもあります。 ブラジリアン柔術と筋トレが趣味。 最近5桁ブロガーの仲間入りしました。
BJJMONSTERグッズ販売中!

オリジナルデザインのワッペンとステッカー販売中!

¥…2000円

ワッペン、ステッカーに対する詳しい情報はこちら↓

https://bjjmonster.net/bjjmonsterオリジナルグッズ作成しました!

ご購入に関しては、お問い合わせフォームからのご連絡か、

https://bjjmonster.net/お問い合わせ

こちらからも購入できます。

https://bjjmonster.thebase.in