セルフケア

何が違う!?ハイパーボルトと格安マッサージガンを比較してみた。

こんにちは、BJJMONSTER管理人のトミショーです!

最近話題のハイパーボルト。

セルフケアやコンディショニングにもってこいの便利グッズですが、

いかんせん値段が約60000円と超高額です。

自分の身体に対する投資と考えれば、一概に高すぎるとは言えないと思いますが、

なるべくなら安く手に入れたいと思うのが自然ですよね。

並行輸入品などを購入すれば、メーカー正規品よりも安く手に入りますが、

保証がついていないので、万が一故障した場合は泣き寝入りになってしまいます。

そこで選択肢に上がってくるのが、ハイパーボルト以外のマッサージガン。

ハイパーボルト発売当初は、ライバルとなる商品がなかったので、

本当に欲しい場合、値段が高くてもハイパーボルトを買うしかありませんでしたが、

現在では、色々なメーカーから安価でマッサージガンが発売されています。

 

トミショー
トミショー
ちなみに最初にハイパーボルトが日本で販売された時の値段はなんと90000円。高い!!

値段にして、約3〜4倍違ってくる両者ですが、

一体、機能や性能、使い心地はどのくらい違うのでしょうか?

ハイパーボルトと安価なマッサージガンの違いについて書いていきたいと思います!

↓ハイパーボルトのレビュー記事はこちらをご覧ください!

↓ハイパーボルトの最強版『ハイパーボルトプラス』の記事はこちらです。

スペック比はどのくらい?

最も値段の差に影響するのはやっぱりスペック(性能)ですよね。

何と言っても一番気になるのが性能です。

多少高くても性能がしっかりしていればそれだけの価値がありますが、

安いからと言って性能もイマイチなら、安物買いの銭失いになってしまいます。

今回はハイパーボルトとペインリリーフを比較してみます!

(ペインリリーフはアマゾンで約20000円前後で販売されているハイパーボルトの模倣品です。↓)

比較するべき点は多々あると思いますが、今回は、

振動(強さと段階調整)

充電の持続時間

アタッチメントの豊富さ

の3点で比較したいと思います!

振動

マッサージガンの1番の特徴とも言えるのが振動

振動刺激によって、筋肉や筋膜にアプローチをすると言われているので、

ハイパーボルトと模倣品では、振動にどのくらいの程度の差があるのかが気になるところです。

単刀直入にこの動画を見ていただくと結果がわかるかと思います。

なんと振動だけで判断すると、ハイパーボルトも模倣品も同じくらい。

ハイパーボルトといえば振動と言っても過言ではないくらい重要な機能ですが、

この振動刺激については、安いものでもそこまで大きな問題はなさそうです。

ちなみに、ハイパーボルトは振動が3段階で調整できるのに対し、ペインリリーフは4段階で調整ができます。

充電

続いて二つ目の項目となるのが充電持続時間

個人的に最も気になるのがこの項目です。

もちろん、1回の充電でより長い時間使えるに越したことはありませんよね。

今回の比較対象であるハイパーボルトと模倣品で比べてみると、

最大に充電した状態でハイパーボルトが連続使用時間が約2時間であるのに対し、

模倣品のペインリリーフが連続使用時間約4時間となっています。

単純計算で約2倍。

この差は非常に大きいです。

ハイパーボルトは、何も自宅だけで使うものではなく、

ジムやオフィスなどの外出先で使用することが多いです。

ましてや、トレーナーさんが選手の為に使用する場合などは、

一日中外で使い続ける可能性もあるので充電持続時間というのは非常に大切です。

その点、ハイパーボルトは2時間しか充電が持たないので、

外出先で使い続けることになると少し心許ないかもしれません。

毎回充電するのは非常に面倒くさいので、なるべく長持ちする方がいいに決まっています。

この比較項目も模倣品の方が充電が長持ちするので、安いものでも問題なさそうです。

アタッチメント

続いて、最後の比較項目がアタッチメントの種類

アタッチメントはハイパーボルトが5種類でペインリリーフは4種類となっていて、

ハイパーボルトの方がアタッチメントが1種類多いです。

ただし筋肉の大きさや形によって使い分ける為に、様々なアタッチメントが付属していますが、種類が多ければ多いほど良いという訳ではありません。

確かに部位によってアタッチメントを付け替えることができるのは便利ですが、

慣れてくると、あまり細かくアタッチメントを付け替えたりしなくなります。

ハイパーボルトでいうと、大体最初にセットされているアタッチメントだけでほとんどの部位をカバーできるので、いちいち付け替えるのが面倒になってきます。

流石に、アタッチメントが1種類しかなかったりすると問題ですが、今回比較している模倣品の様に、4種類も付属されていれば全く問題なく使用できるかと思います。

ちなみに、アタッチメント以外の付属品として、ハイパーボルトには充電器しか付属されていませんが、模倣品の場合、充電器に加えて専用ケースも最初から付属されています。

別売りで4000円ほどのケースを購入しなければいけないハイパーボルトと比べると嬉しいポイントです。

沢山ある模倣品の中には、アタッチメントの種類が豊富な物も存在するので、それを選べばこの比較項目も模倣品に軍配が上がります。

使い心地に差はあるの?

一番気になるのはやっぱり使い心地。

使い心地という点で大事になってくるのが、楽に取り扱いできるかどうか。

今回比較している模倣品はハイパーボルトとほぼ同じサイズなので、持ち運びなどに関してはそこまで大きな差がないですが、実際に使ってみるとハイパーボルトは意外と大きくて持ち運びが少し不便です。

さらにサイズが大きいのに加えて、振動もかなりの強さなので長時間使用(5分くらいでも)しているとかなり腕や手が疲れてしまいます。

模倣品でコンパクトな物がある場合、使い心地といった点でもハイパーボルトより優れているマッサージガンはありそうです。

ここまでの比較項目をまとめてみると、

ハイパーボルト ペインリリーフ
振動 強い。 充分に強い。
充電持続時間 短い。約2時間。 ハイパーボルトより長い。約4時間。
アタッチメント 5種類 4種類

といった結果となり、使い心地も含めて両者にはそこまで大きな差はなさそうです。

こうなってくると、ハイパーボルトを選ぶ必要がなくなってしまいそうですが(笑)

私自身が一度模倣品を試した際は、ハイパーボルトと模倣品では、振動や刺激の強さがかなり違うように感じました。

振動の強さの数値や、段階の調整は両者でそこまで大差がないはずですが、

実際に使ってみた感覚としてはハイパーボルトの方がより振動が細かくそれでいて強く感じます。(個人の主観)

トミショー
トミショー
ざっくり言うと、ハイパーボルトの方が身体の奥まで振動が届くイメージ。

また、模倣品を使用した後よりもハイパーボルトを使用した際の方がより筋肉が柔らかくほぐれた感触が得られました。

これは、実際に二つを比べてみないことにはわからないと思いますので、

もしマッサージガンの購入を検討していて、ハイパーボルトか模倣品のどちらかを検討している場合は、是非一度実際に商品を試せるショップに足を運ぶことをオススメします。

結論 ハイパーボルトでなくてもいい?

使い心地や充電持続時間に振動強度など、長々と比較してきましたが、

まとめると、最初からハイパーボルトを使ったことがない人なら、

最初に模倣品を購入したとしても何の違和感もなく使用できるかなと思います!

ハイパーボルトの方が物がいいのは間違いありませんが、コスパを考慮すると、

模倣品も侮ることができません。

マッサージガンを使ったことがない人なら最初から模倣品でも全く問題ないかと思います。

それとは逆で、すでにハイパーボルトを使用したことがある人からすれば、

模倣品は少し物足りなく感じてしまうかも知れません。

スペックを比べるだけではわからない違いがあります。

ただし、今回紹介したものよりさらに安い価格帯のモノになると話は別です。。

今回紹介したペインリリーフよりもさらに安い価格帯である5000円のマッサージガンを買ったら大失敗しました。

その記事がこちら↓

なんでも実際に試してみるのが一番ですね。

安ければ気持ちが揺らいでしまいますが、高いものにはそれなりに理由がある。

ハイパーボルトは今では、世界的有名アスリートや格闘家に愛されているグッズです。

体が資本のアスリートに愛されているのはそれなりの理由がありますね。

あなたも最高級のセルフケアを試してみませんか?

Amazonでハイパーボルトを購入するなら、プライム会員がお得です!

お急ぎ便による即日配達の送料無料に加えて、一部対象商品のプライム限定価格も。

30日以内なら無料で解約できるので注文する際だけ登録するのもアリですね。

Amazonプライム
BJJMONSTERグッズ販売中!

オリジナルデザインのワッペンとステッカー販売中!

ワッペン、ステッカーに対する詳しい情報はこちら↓

https://bjjmonster.net/bjjmonsterオリジナルグッズ作成しました!

ご購入に関しては、お問い合わせフォームからのご連絡か、

https://bjjmonster.net/お問い合わせ

こちらからも購入できます。

https://bjjmonster.thebase.in