キムラロック

サイドポジションからキムラを決めるコツについて

こんにちは、BJJモンスターです!

サイドポジションはニーオンベリーやマウント、バックテイクを狙ったり、サブミッションを狙えるとても有利なポジションですが、必死にディフェンスしている相手から一本を奪うのは簡単ではありませんよね?

なるべく有利なポジションを失うリスク無く安全に一本を狙うのが理想ですが、そこは相手も必死。

なかなか簡単には一本を取らせてくれませんよね。

試合でポイントで負けている場合などは、マウントやバックを狙うのもいいですが、そのままのポジションで一本を取れれば理想ですよね。

サイドからのサブミッションは色々ありますが、最もポジションを失うリスクなく狙える技の一つがキムラロックだと思います!

↓サイドポジションやノースサウスの状態から相手の腕を狙う。

キムラはグリップを作ることができればとても強い技ですが、相手も脇を締めてディフェンスしてくる場合がほとんどです。

キムラロックを狙うと相手は必ず、脇を締めて帯や道着を掴んで腕を守ります。

最初から相手のディフェンス方法がわかっているなら、相手がディフェンスすることが出来ないようにキムラを狙ってみましょう!

ディフェンスのポジションを作られてしまうと、極めるのが難しくなってしまうので、サイドからキムラを狙う前から相手の腕をコントロールしてしまえば、相手は帯を掴んだりすることができないので簡単に腕を伸ばすことができます。

また、ディフェンスされてしまってキムラロックのグリップを作ることはできたものの、どうしても腕を極めることができない場合は他の技を狙ってみましょう!

https://bjjmonster.net/キムラロックが決められない時は?

また、一本を狙う前に、まずはポジションを失わないようにすることが最も大切です!

サイドポジションを失わないようにキープする方法も同時に確認しておきましょう!

https://bjjmonster.net/最も効率よくサイドポジションをキープする方法

サブミッションはしっかりと相手の動きをコントロールして、相手の動きが止まった後で初めて狙うようにしましょう!

焦って一本を狙っても極めることはできません。

詰将棋のように相手の動きをコントロールして、相手の逃げ道を無くしてから仕掛けていきましょう!

ABOUT ME
トミショー
トミショー
柔道整復師&トレーナー。 現在社会人野球チームでトレーナー活動を行うと同時に、鍼灸学科の学生でもあります。 ブラジリアン柔術と筋トレが趣味。 最近5桁ブロガーの仲間入りしました。
BJJMONSTERグッズ販売中!

オリジナルデザインのワッペンとステッカー販売中!

¥…2000円

ワッペン、ステッカーに対する詳しい情報はこちら↓

https://bjjmonster.net/bjjmonsterオリジナルグッズ作成しました!

ご購入に関しては、お問い合わせフォームからのご連絡か、

https://bjjmonster.net/お問い合わせ

こちらからも購入できます。

https://bjjmonster.thebase.in