ブラジリアン柔術

『ブラジリアン柔術は怪我の少ない安全な格闘技です。』は本当なのか考えてみた。

こんにちは、BJJMONSTER管理人のトミショーです!

今回のブログのテーマは、ブラジリアン柔術は本当に怪我の少ない安全な格闘技なのか?

ブラジリアン柔術に関するセールストークをするときに、一番最初に出てくる話題がこれじゃないですか?

モンスター
モンスター
柔術やってみたいけど、格闘技ってなんかちょっと怖いし、自分にもできるかな〜?
トミショー
トミショー
柔術は怪我の少ない安全な格闘技だから全然気にすることない、大丈夫だよ!

みたいな。

これって本当に確かなんでしょうか?

管理人の実体験から考えてみたいと思います!

打撃がないから安全です。の落とし穴。

『打撃がないからアザが残りにくい』

『殴る蹴るがない分、安心して取り組める。』

こう言われると何だか安心できて、初心者の方でもやってみようかな?と思えますよね。

確かに、打撃がない分アザはできにくいし、顔面を殴られることもないので、

意識を失うような怪我をすることはありません。(絞めで落ちることはあるけど。)

こういったことがよく言われていて、確かに一理あるのは間違い無いのですが、

打撃の無い格闘技である柔術でも、怪我することは普通にあります。

青アザなんて脚のいたるところにあるのが柔術家だと思うくらい。

なぜ、打撃の無い柔術でアザができるのか?という疑問が出てきそうですが、

その答えは至ってシンプル、打撃がなくても身体と身体でぶつかり合うからです。

普通にスパーリングしていれば、

蹴ろうとしなくても自然と脚同士がぶつかってしまったり

殴ろうとしていなくても、拳で相手の顔面を押してしまったり

と、こういった感じで打撃に近いダメージが発生することは多々あります。

投げ技やタックルを食らった時に、受け身を取れずに肋骨が折れてしまったり、

首を怪我してしまったりすることも、頻繁に練習していると一回は目にする光景です。

これらは全て、何も相手がわざとやっているわけではなく、組み合っていると自然となってしまうくらい、柔術をやっている人間からすると当たり前の光景なんですね。

柔術は打撃がないので怪我が少なく安全です。というのは冗談半分で聞いていた方がいいかもしれませんね。

柔術は普通に怪我します。(管理人の場合。)

さて、柔術が何もめっちゃ安全なスポーツではなく、

普通に怪我するよっていうことがわかったところで、気になってくるのが、

『じゃあ、普通にやっていればどのくらい怪我するの?』ってところですよね。

この質問の答えによっては、これから柔術を始めようか悩んでいる人にとっての柔術のイメージが変わってしまうかもしれません。

柔術の競技人口が増えてほしいと切実に願う私からすれば、できれば全然怪我しないよとか言いたいんですが、嘘はいけないっていうことで、正直にお答えします。

柔術歴約4年、現在青帯2年目の管理人の場合。今まで柔術で怪我した場所は、

膝、肘、首、腰、手の指、手首、脚の指と、ざっと挙げただけで実に7カ所にもなります。

少し細かく見ていくと、

膝…半月板損傷。柔術歴においての最大の怪我。絶望。

肘…初心者の頃に腕十字を思いっきり極められて。それ以来肘がすぐに外れます。

首…担ぎパスでプレッシャーを掛けられた時に。でかい人の体重が乗ると危険。

腰…ベリンボロ。自分で自分の腰を痛めています。

手の指…柔術家の宿命。指はボコボコで最後まで曲がりません。

手首…タックルで受け身が取れなかった時に負傷。

脚の指…これもおそらく立ち技の攻防で。慣れないことはするもんじゃない。

こんな感じでしょうか?

全部の場所が、柔術を始める前は痛くありませんでしたが、柔術を始めてからは、

上記の部位を筆頭に、全身痛いところだらけです。

なんならいつも練習前にテーピングを巻くのですが、道場についた時点でこんな感じです↓

トミショー
トミショー
手首、手足の指、膝といった感じで全身テーピング祭り。
道着の下は大体こんな感じです。

これにプラスして肘にサポーターもつけています。

青帯の時点でこれです。

まだ青帯です。

大事なことなので二回言いました。

青帯の時点でこんなに怪我してます。

なんなら柔術家の生命線である膝を大怪我しています。

私自身、そこまで追い込んだ練習をしているわけでもなく、練習頻度も週に3回程度の、

いわゆるエンジョイ柔術家です。

それでこの怪我遍歴なので、間違いなく、『柔術が怪我をしにくい格闘技』ということは間違いだということが証明できるでしょう。

(あくまで、私の場合の一例ですので、中には全く怪我をしたことのない人も一部いらっしゃると思います。)

それでも練習するけどね。柔術家は柔術狂。

とまあ、これだけ怪我してきても、どれだけ柔術が安全でなくても、

それでも練習はするんですけどね。

トミショー
トミショー
なんなら、毎回さっきの量のテーピングを消費するので、怪我の心配よりもテーピングによる家計の圧迫の方が心配です。

なぜなら、やっぱり柔術が楽しくて最高だから。

初心者の方や、これから柔術を始めようか悩んでいる人からすると、気になる噂っていっぱいあると思います。

怪我するのかとか、ジムにはどんな人がいるのかとか、自分でも始められるのかとかetc,,

これから柔術を始めようかと迷っている人は是非この記事も一緒に読んでみてください。↓

参考になる点があるかと思います!

柔術家はみんな柔術狂。

柔術をやっている人は皆、柔術に夢を貰っているんだと思います。

ガツガツ取り組むもよし、マイペースに気長に練習するもよし。

どちらにしても怪我のリスクは格闘技である以上常に付きまといますが、

最大限の注意を払って、楽しく安全に柔術に取り組みましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

もしこのブログが面白かったり、参考になったと感じていただいたら、

是非SNSなどでいいねやシェアをお願いします!

ABOUT ME
トミショー
トミショー
柔道整復師&トレーナー。 現在社会人野球チームでトレーナー活動を行うと同時に、鍼灸学科の学生でもあります。 ブラジリアン柔術と筋トレが趣味。 最近5桁ブロガーの仲間入りしました。
BJJMONSTERグッズ販売中!

オリジナルデザインのワッペンとステッカー販売中!

¥…2000円

ワッペン、ステッカーに対する詳しい情報はこちら↓

https://bjjmonster.net/bjjmonsterオリジナルグッズ作成しました!

ご購入に関しては、お問い合わせフォームからのご連絡か、

https://bjjmonster.net/お問い合わせ

こちらからも購入できます。

https://bjjmonster.thebase.in